YukaのTake it easy ブログ

多動児だったらしいライアン・ゴズリング

何と言ったらいいのかなあ!

ライアン・ゴズリングには、何故こんなにも惹かれるのかと言うと・・・ 😳

ハンサム、すっげえ肉体美、の他にも、他の役者にはない「何か」を感じていた。 😉

Ryan Gosling in THE PLACE BEYOND THE PINES

ライアン・ゴズリングは、いわゆるADHD、多動障害だったという記事を読んだ。

しかし、母親が、エラかった、というか強かった。他の児童と比べられる学校には行かさず、ホームスクーリングをしたそうな。

そして、ライアンのあり余るエネルギーは、ミッキーマウス・クラブへ。

そのために、カナダからアメリカへ行ったんだけど、母親は娘たちがいるので、ジャスティン・ティンバーレイクの母親が、法律的な保護者として一緒に住まわせて面倒を見たというのは、有名な話し。 😎

彼は、インタビューでも「銀行を襲うことを妄想していた」とか平気で言うし、「映画に出過ぎている自分にウンザリしている」とも。 🙄

本音で生きているヤツ。やっぱり、どこかアメリカ人とは違う。

初めてシカゴで、初監督作品に取りかかるらしい。

結果は、どうあれ、彼は、自分の人生に後悔しないタイプね!

そーゆー男が、スキってことですwwww