最新NEWS

まじくるかいご楽快開催!

今週末になりますが、1月10日(日)に西宮市で開催される「まじくるかいご楽快」に関口監督が参加し、登壇されます。

かいご楽快記事

関口監督は「毎アル」シリーズや、また「毎アルFINAL」製作に関しても少し映像を見せながら(本邦初公開!)話しをする予定になっています。お近くの方は、ぜひお越しください。

かいご楽快チラシ 申し込み用紙


謹賀新年

明けましておめでとうございます。

Happy New Year

2016年が、皆様にとって素晴らしい年になりますように!

今年は、「毎アルFINAL」の製作の年。スタッフ一同、一層精進していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ダイヤモンド富士山

 


よいお年をお迎えください

今年もあとわずかになりました。世界が、平和で何よりも希望に満ちた場所になりますように。Wishing you all a holiday season filled with love, happiness and most importantly, peace and hope!

Peace and Hope

2016年は、いよいよ「毎日がアルツハイマーFINAL」(仮題)完成の年です。益々、精進していく所存ですので、皆様、ご支援のほどを宜しくお願い申し上げます。どうぞ良いお年をお迎えください。

With her grandchildren (Dec 19 2015)

Yuka Sekiguchi
関口 祐加

水分補給の大切さ

水分補給は、子どもから高齢者にいたるまでとても大切だと思います。
http://placebo.co.jp/placeblog/water-care-for-dementia/

宏子さんは、珈琲と緑茶が大好きですが、実は、両方とも利尿剤としては効果があっても、逆に言えば、身体から水分が出てしまうということにもなります。

実は、今夏から宏子さんは、ご自宅では緑茶も珈琲も飲んでいません。ご自宅では、ノンカフェインの麦茶かハーブティーのみ。ただ、関口監督は、宏子さんは珈琲が大好きなので、週に2回デイ・サービスに行かれた時だけ、帰りに行きつけの喫茶店で待ち合わせをして美味しい珈琲を飲むというアレンジをしています。

水分補給をしっかりして、この冬を乗り越えて欲しいですよね!

水分補給が大事


12月7日「地域と向き合う認知症」シンポジウム

12月7日(月)読売新聞大手町ホールで「地域で向き合う認知症」というシンポジウムが開催されます!関口監督も登壇します。詳細をご紹介しますね。

日時:平成27年12月7日(月) 13:00~16:15(開場12:30)

場所:よみうり大手町ホール 東京都千代田区大手町1-7-1

対象:一般市民、医療福祉従事者、行政担当者など(定員500名)

基調講演:バルト・デルトゥール氏

シンポジウム・コーディネーター:猪熊律子氏(読売新聞社社会保障部長)

パネラー:水谷忠由氏(厚生労働省老健局高齢者支援課 認知症・虐待防止対策推進室長)

     関口祐加氏(映画監督)

     齋藤正彦氏(東京都立松沢病院院長 医師)

主催:公益財団法人 認知症専門フォトン・ジャパンフレンド

共催:社会福祉法人京悠会、社会福祉法人五霞愛隣会、社会福祉法人愛郷会、社会福祉法人祥風会

後援:厚生労働省、ベルギー王国大使館、読売新聞社、埼玉県、茨城県、ユーロ・スポーツ

入場料:無料

読売新聞シンポ記事

お申し込みは、コチラから ↓

http://www.fotonjapanfriend.com/#!inquiry/c1u8p

 ご興味のある方は、ぜひ!