プロフィール

関口祐加(せきぐちゆか)

1957年生まれ。日本で大学卒業後、オーストラリアに渡り在豪29年。2010年1月、母の介護をしようと決意し、帰国した。現在は、横浜で母親と二人暮らしをしている生粋の浜っ子である。

オーストラリアで天職である映画監督となり、1989年「戦場の女たち」で監督デビュー。ニューギニア戦線を女性の視点から描いたこの作品は、世界中の映画祭で上映され、数々の賞を受賞した。メルボルン国際映画祭では、グランプリを受賞。過去の作品のほとんどが、内外で受賞している。

師と仰ぐアン・リー監督(ライフ・オブ・パイ、グリーン・ディスティニー、ブロークバック・マウンテン他)にコメディのセンスを絶賛され、コメディを意識した作品を目指すようになる。

話題をさらった「毎日がアルツハイマー」は、2010年5月にアルツハイマー型認知症と診断された実母を被写体に、2009年9月から初めて自らカメラを回した作品。2012年7月に劇場公開し、大ヒットした。2014年7月には、待望の続編「毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編」が劇場公開。単館ロードショーで5000人を動員した。現在も両作品ともに全国で上映が続いている。2016年、いよいよ「毎日がアルツハイマーFINAL」を準備中である。

主な作品
2014年 「毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編」51分
2012年 「毎日がアルツハイマー」93分
2007年 「THEダイエット!」 52分
1992年 「When Mrs. Hegarty Comes To Japan」(日本未公開) 59分
1989年 「戦場の女たち」 55分

主な著作
2014年「毎アルツイート・マミー」(パド・ウィメンズ・オフィス出版)
2013年「ボケたっていいじゃない」(飛鳥新社 出版)
2012年「毎日がアルツハイマー」(パド・ウィメンズ・オフィス出版)
2009年「夢を壊さないでっ!ゆかのTHEダイエット!」(パド・ウィメンズ・オフィス出版)
1990年「戦場の女たち」 製作ノート(リトル・モア出版)


About Filmmaker

Yuka Sekiguchi was born in 1957 Yokohama, Japan. She went to Australia to study International Relations in 1981 but became a filmmaker instead.

After two internationally acclaimed documentaries, “SENSO DAUTHERS (Daughters of War)” (1990) and “WHEN MRS. HEGARTY COMES TO JAPAN”(1992), Yuka took on the challenge of becoming the subject of her own film and did the psychotherapy session in front of the camera. That resulted in another award winning documentary, “FAT CHANCE”(2007).

In between the gap years, Yuka got married, gave birth to a son at the age of 42 and got divorced. She has a teenage son currently living with his father in Australia.

After 29 years in Australia, Yuka returned to Japan to live with her mother with Alzheimer’s in January 2010. She began filming her and completed “EVERYDAY IS ALZHEIMER’S”. The film was released theatrically in July 2012 in Japan and became an instant hit. Yuka embarked on making the sequel “EVERYDAY IS ALZHEIMER’S 2 ~ THE FILMMAKER GOES TO BRITAIN”. The film was again, released theatrically in July 2014 with equally great success. Now the both films are shown all over Japan with more than 500 screenings.

In 2016, Yuka began preparing for the completion of “EVERYDAY IS ALZHEIMER’S FINAL”. This would conclude the trilogy.

Yuka’s all five films have a signatory style of great enthusiasm and a sense of humor.